■検索フォーム

■カテゴリ
■月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
出張?
木曜・金曜は久しぶりの出張です。
上司から若い者に色々経験(勉強)させろ!との命から、最近ずっと出張を譲ってきたから、無事にこなせるかなぁ~?

よくみかけるサラリーマンの新幹線の風景です。あぁだんだん眠くなる。0609280002.jpg

名古屋で乗り換えで~す。いつのまにやら仕事の書類からオートメカニックと名古屋満載幕の内弁当に...。すっかりOFFモードです!
0609280004.jpg

浜松駅につきました。いぃ看板が目につきます。さすがモータサイクルの地!
0609280011.jpg
0609280012.jpg

駅にはYAMAHAのブースが!みていて楽しいです。
0609280013.jpg
0609280014.jpg
0609280015.jpg

独身だったら、このスピーカー買っちゃうだろなぁ~!
0609280016.jpg
0609280017.jpg

バイクと車の展示が!外国の空港みたいです。
0609280018.jpg

ホテルではやっぱり仕事を!サラリーマンですねぇ(*T ^ T)。
0609280020.jpg

今日は、実家の名古屋でくつろいでいます。
いやぁ~今回飲みすぎで~す。
(*^-^)ノ■☆■ヾ(^-^*)。

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

FinePix F30

続きを読む >>
スポンサーサイト
甲信越・東海・北陸の旅 | 21:09:22 | Trackback(0) | Comments(2)
147 Linea Rossa
おかげさまで、ブログが40MB越えました。100MBまでなのに、どうしよう(>_<)
写真が多すぎるみたいです(特にmax表示がイケないみたいです)。
でも、今回もお気に入りの写真をどん!
0608270007.jpg

さて、今日は転籍までカウントダウンの先輩(147 Linea Rossaに乗っています)とお話したことを。(先輩、みてるかなぁ(^^)/~)

先輩は、ブレーキパッドの交換後の鳴き止めに苦戦しています(苦戦しているのはショップなのですが)。

先輩は当然ながら(マフラー交換の時も言えなかったですね)、パッド交換したことを奥さんに言えず、「エンジンオイル交換したら、ブレーキが鳴くようになっちゃった!」と苦しい言い訳をしたそうです...。

そんな先輩が、今度はついに(やっぱり?)車高を下げるようです。
一番楽しみなのは、やはり「言い訳」ですねぇ。
次も大いに笑わせて欲しいです、はい。

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

FinePix F30

アルファロメオ | 21:09:37 | Trackback(0) | Comments(2)
ハバネロ
今日、八百屋でたまたまハバネロを始めて見ました。
日本でもつくられているんですね!
見た目はパプリカのちっちゃい感じで、辛そうに見えませんねぇ。
0609240020.jpg
0609240023.jpg

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

FinePix F30

その他 | 17:54:35 | Trackback(0) | Comments(2)
インナーフェンダー
147の7つ不思議のひとつに、リアのインナーフェンダーがあげられます。
フロントは一般的な樹脂製なのに、リアは何故かフェルト製です。
お陰でリアは1週間前の台風の落ち葉だらけです。
0609240002.jpg

リアのインナーフェンダーは、マッドガードの役割をさせるために、フェルト製にしているのでしょうか???(でもやっぱり不思議ですねぇ)
0609240015.jpg

ともかく、今日はコイン洗車場で綺麗にしてあげました。
0609240003.jpg

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

FinePix F30

アルファロメオ | 17:50:38 | Trackback(0) | Comments(0)
夜景
夜景
だいぶ涼しくなってきましたねぇ。今日は夜景を見にドライブしてきました。
道中はすっかり秋の雰囲気でした。
0609230003.jpg

別府の夜景です。夜はかなり寒くなりました。
0609230004.jpg

ドライブにも車いじりにもいい季節になりました!

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

FinePix F30

その他 | 23:09:07 | Trackback(0) | Comments(0)
テンロク(1.6)について
今更ですけど、ブログのタイトルに反して、今までほとんどテンロク(1.6)について触れていません...。
そこで、今回は2.0モデルと比較してみたいと思います(すみませんが、フェイズⅠの話になります。フェイズⅡ(ブレラ顔)については、情報不足です...(^_^;))。


○外装○

1.6で選択できないボディーカラーがあるのを除いて2.0と大差ありません。
リアエンブレムが1.6になっている程度です。
0609180003.jpg

嫌であれば、イタ雑販売のエンブレムと交換しちゃいましょう。お勧めは↓(解決になっていませんが...)
01_02_A5A125_0_01.jpg

タイヤサイズが195/60R15と細くなります。このタイヤサイズは賛否両論の種になっていますね。では横から見た15→16→17inchの比較写真をみてみましょう。
SHOKUBA-07.jpg
SHOKUBA-06.jpg
SHOKUBA-05.jpg

見た目は、16inchが一番バランス良く見えます。
先輩の147 Linea Rossa(17inchが純正)を運転したとき、ハンドルがむっちゃ重く感じました。でも走りだすと、どっしり感がありました。
で、15inchですがやはり扁平率が高い(そうはいっても昔は60タイヤでも十分だったのですが...)ので、もう少し横剛性を欲張りたくなります。今は剛性感を高めるために、空気圧を2.4kgまであげていますが、見た目と性能アップから軽量ホイールの16inchに変えたいです。

○内装○

1.6はオーディオコントロールがないシンプルなハンドルついています。CDチェンジャーがついていると重宝すると思いますが、今はiPodを接続しているので特に不便さはありません。ところで、雑誌に1.6のハンドルは樹脂製と書かれていますが、これ本当でしょうか?Linea Rossaを運転したとき、ハンドルの見た目と感触は全く同じだったのですが...。
0609090006.jpg
0609090007.jpg

1.6はBOSEサウンドシステム、CDチェンジャーはありません。これはあきらめましょう。この点は正直2.0が羨ましいです。
0609180007.jpg

リアシートには、アームレスト、センターのヘッドレストがなく、センターは2点式のシートベルトになります。
0609180013.jpg

トランクにラゲッジネットがありません。これは後からディーラーでも購入できるみたいです。
フロントシートにランバーサポートが装着されていません(ファブリックのみ)。すでにシートは交換していましたが、座面が長いこと意外は、特に座り心地は悪くないと思います。

○足回り○

1.6はスタビライザーの径が細いらしい...。1.6はロールしやすい云々と雑誌で書かれているのは、この違いでしょうか。たしかにノーマルではロールしやすいです。こればかりは好みの問題になります(ただし嫌であれば、サス交換で十分ロールを抑えられます)。

○エンジン、ミッション、制御○

1.6は2.0と比べて当然排気量が小さくなります。2.0のボア×ストロークが83.0×91.0に対して、1.6は82.0×75.6で、いわゆるショートストローク型になっています。
1.6はバランサーシャフトがありません。エアインテークパイプにレゾネータはありません。またミッションのギアー比がかなり高くなっています(高速道路で普通に走っても、エンジンはすごい回転数になっています)。
DSCF0004.jpg

エンジンフィールはひでぞーさん(元気かなぁ?)の意見と全く同じです。
残念ですが、エンジン音は2.0の方が好きです。
でも比較すればの話で、1.6でも十分楽しめると思います。
2.0より吹け上がりは良いし(147 Linea Rossaの先輩談です)、2.0より燃費はいいみたいですよ(これまた先輩と比較してですが)。

エンジン下のアンダーカバーがありません。そのお陰で、色々な作業が楽になります。
最後に制御系では1.6にはVDC,MSR,HBAがありません。でも1.6のASRでも、峠で跳ねた時ぐらいしか作動しません。
0609090009.jpg

色々長々と書かせて頂きましたが、車は選ぶときが一番楽しいですよねぇ。当時は買えもしないにGTAと1.6を比較していました(^^;)。
でも、私は1.6を選んで全然後悔ありませんでした。後はガレージのある一軒家が欲しいですねぇ。

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

FinePix F30

アルファロメオ | 22:34:01 | Trackback(0) | Comments(4)
シートベルト
今日は会社で「シートベルト衝突体験」がありました。
時速5km相当なので、見ていてちょと迫力に欠けてました。
私は実車で何度も経験していますので、今ではシートベルトは
かかせない存在です(^^;)
DSCF8543-2.jpg

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

その他 | 19:54:17 | Trackback(0) | Comments(0)
号泣
歳をとると涙もろくなります。
「私の頭の中の消しゴム」のDVDを借りて観ました。
嫁と二人で号泣です。
騙されたと思って、まだ観ていない人は是非!
イメージ 1

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

その他 | 23:01:48 | Trackback(0) | Comments(2)
エアインテークパイプ
アルファ147の1.6と2.0の違いにエアインテークパイプがあります。写真のようにエアクリーナーボックスに接続しているパイプです。
DSCF0023.jpg

下の写真の左は1.6、右は2.0のエアインテークパイプになります。違いとして、2.0はレゾネーター(共鳴器)がついています。レゾネーターは消音効果とトルクアップがあるとされています。て、言うことは1.6のエアインテークパイプを取っ払っても失うものはなさそうですねぇ。(ただし、アルファのエアフロメーターは敏感みたいです。ダイレクトタイプのエアクリーナー交換すると壊れやすいと噂されています。注意が必要みたいです)
PicG0002.jpg

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

alfa147メンテ・修理 | 21:59:56 | Trackback(0) | Comments(4)
エアインテークカバー除去
2006.9.18 (走行距離 2.30万km)

アルファ147の左フェンダーにエアインテークの吸い込み口があります。セレ車はセレスピード用のオイルタンクがありますが、MT車はエアインテークのみです。そこは謎のカバーで隠されています。
0609180010.jpg

謎のカバーの役割として、
 ・できるだけ熱気を遮断する
 ・水の直接侵入を避ける
 ・できるだけゴミを遮断する
等考えられますが、よく見るとカバーはかなり湿っており、またカバーがへたり気味で、エアの吸い込み口をふさぐように倒れています!
針金で中芯でもつくろうかなぁと思いましたが、結局取っ払っちゃいました。
0609180011.jpg

しかし、このエアインテークの合わせ精度は良くないですねぇ。
0609180012.jpg

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

FinePix F30

alfa147モディファイ | 18:18:31 | Trackback(0) | Comments(5)
台風
台風がやっと過ぎましたので、四連休のラストでドライブです。
が、いつもの合馬の峠道がとんでもないことに!
竹や大木が倒れまくっていました。
道も落ち葉だらけです。
やっぱり天災はこわいですね。
0609180016.jpg

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

FinePix F30

その他 | 17:53:32 | Trackback(0) | Comments(0)
車歴について
やっとブログの修復終わります。修復最後は、alfa147購入のいきさつです(昔の車歴も兼ねています)。

一代目:スターレット(KP61)・・・1989~1990 (3ヶ月...)

免許取得後すぐに、初めて購入した車です。10万円だったと思います。兄に憧れて、同じ車(色もグレードも年式も違いましたが)を購入しました。今見ると、ドアミラーでサンルーフもついてる!豪華ですねぇ~。最初で最後のFR車でした。
車歴-01

購入後間もなく九州から三重の兄のもとへ。そこで、ショック交換、LSD交換、シート交換を体験しました。特にLSDは強烈で、交差点が普通に曲がれずに、困惑した思い出があります。一生懸命運転の練習をしましたが、結局下手のままでした(^^;)。
車歴-02

最後は雨の中、スピンをしてタイヤ3つも同時にパンク、ブレーキパイプ破損で再起不能の廃車に...。3ヶ月の短命でした(ごめんね)。でも、つけていたパーツは大親友の元へ。親友も私の影響を受けて、同じ車を買っていました。下の写真は解体屋から買ってきたミッションを交換している様子です。無茶なジャッキアップしてますねぇ~。
車歴-03

二代目:スターレット(EP71)・・・1990~1995 (5年)

廃車後、兄から今乗っている車譲るよ!と連絡が。喜んで、そのまま三重に向かいました。今ではツートンカラーが珍しいですね(実はぶつける修理代が高くつきましたが(^^;))。
車歴-04

今度は最初からいじくり倒されていました。車内は7点ロールバーが、足回りはショックとローダウンスプリングに前後ともにタワーバーが、エンジンはスポーツマフラーに吸気はなんとソレックスが。そのためエンジンはとても心地の良い音を奏でていました。
車歴-05

今回も一生懸命運転の練習をしましたが、やっぱり下手でした(^^;)。でも楽しかったです。
車歴-06

三代目:カレン XS・・・1995~2004 (9年)

社会人になった頃です。二代目はすごく好きでしたが、限界に近づいていました。そこで初めて新車の購入です。候補はシルビアかセリカでどっちにしようかなぁ、と思っていたらカレンというスタイルのイイ車が目に止まりました。値段も一番安いことから決定、しかも初めてのAT車です。本当はMT車が良かったのですが、試乗車のギアが渋すぎたので、AT車にしました。この車、入社祝いに両親が購入してくれました(感謝!感謝!)。両親から買ってもらった物は何故か大切にしてしまいます。この車、9年乗りました。しかも少しもいじくることなしに。
車歴-07

四代目:アルファロメオ147 1.6TS・・・2004.6~

さすがに三代目がくたびれてきました。ボンネットがついにチョーキングをおこしました。車検も近づいていたので、物色開始です。条件は一つだけでした。MT車にもう一度乗りたい...。嫁と色々検討した結果、「外車」はどうだろう?と思うようになりました。候補はAlfaromeo147、PEUGEOT206、RENAULT LUTECIA、VW Lupo GTIです。候補中Alfaromeoが一番魅力的(異彩的)でした。カタログを見ていると昔の血がさわぎます。実車を見てみよう!ということで、ディーラーに行きましたら、営業の方から「他の候補車とは格が違いますよ」の一言で決めてしまいました。値引きすることもなく当日買ってしまいました(営業担当者が気を利かせて、値引きと付属品(マットとアンテナアングルスペーサー)をつけてくれていました)。そして待つこと1ヶ月、梅雨時なのに当日は晴れてAlfaが届きました。
車歴-08

運転してすぐに感じたのが「二代目と似ている」でした。ここち良いエンジン音とシャープなハンドリング、軽いシフトフィール。本当にイイ車に出会いました。何よりも仕事の嫌なことを忘れさせてくれます。四代目も9年は乗っていきたいです(^o^)。

備考

一番私に影響を与えた兄の車歴をなんとなく思い出してみました(全問正解しているかなぁ?)。う~ん、なんちゅうラインナップ...真似できない! 

KP61→KP61(→KP61)→EP71→AW11→マツダボンゴ?→RAV4→でっかくてムッチャ車高の高いランクル→ジープみたいなボロボロのランクル→何故かLSD付きハイエース


(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

アルファロメオ | 07:36:00 | Trackback(0) | Comments(2)
WRCと四国自動車博物館
週に一度の楽しみの一つに、BS日テレの「WRC The Rally」の放送があります。残念ながらPetter Solbergが今年も不調です。彼が勝ったときの笑顔とコメントが楽しみなのにぃ~(>_<)

とWRCで思い出したのが、去年のGWの四国一周旅行の目的の一つの「四国自動車博物館」です。外観と違って、イタ車が一杯です。
050502-00.jpg
050502-01.jpg

一番しびれたのは、Alfa Romeo 155 V6 TIです。やっぱり本物は良かったです。アルファロメオのなかでも一番好きな車です(my 147は別格ですが...)
050502-02.jpg

実はこれをみて、今の車にスパルコのシートを入れました(しかしリアには何故かレカロのシールが貼ってありますが...)。
050502-04.jpg
050502-03.jpg
050502-05.jpg

それとこのLANCIA DELTA S4。WRCグループBのモンスターマシーン。本物はやっぱりイイです。
050502-06.jpg

残念ながら、LANCIA RALLY 037が不在でしたので、もう一回行かなければ! ちなみに興奮して車の近くに近づきますとブザーがなりますよ(^_^;)

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

アルファロメオ | 20:30:29 | Trackback(0) | Comments(0)
パスポート
今日は休暇を頂いて、パスポートの更新に行って来ました。嫁が楽しみにしている一年に一回行っている海外旅行のためです。モノより思い出というわけです(私の場合は観光より食べ物ですが)。
今まで行った所は、アメリカ→イタリア→南アフリカ→トルコ→インド→9.11騒動で一回お休み→ペルー→タイ→ベトナム→スペインになります。
そんなわけで、今回は去年10月のスペイン旅行での思い出を。

スペインはお隣がフランスなので、プジョー・ルノーが大半を占めていました。犬も歩けば、206にあたるといった状態です。
スペイン-04

シトロエンも結構走っています。今でもWRCで無敵を誇るクラサ。日本で全然みかけませんが、実物をみると結構好きなデザインでした。
スペイン-05

古い車も多いです。ランチアデルタも現役で走っているみたいです。
スペイン-03

地元メーカーのセアトもフランス勢に負けず、多く走っています。さすが147の生みの親であるデ・シルバのデザイン!中身はVWですが、かっちょいいです。
スペイン-09

アルファロメオも147,156は意外に多かったです(GTV,スパイダーはゼロでした。)。156はクロカンタイプも見かけました。スペインの147は写真のホイールをつけている車が多くみられました。日本では純正オプション扱いのホイールですが、スペインでも17inchは流行っているのですね。
スペイン-06

日本ではレアな146も普通に走っています。
スペイン-07

旅行に行った時期は、ちょうど159を売り出していたみたいで、マドリッドの駅は広告だらけでした。日本でもそのくらい宣伝してもいいのに。
スペイン-01
スペイン-02
スペイン-08

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

アルファロメオ | 18:49:35 | Trackback(0) | Comments(0)
ギアオイル交換
2004.8.6(0.16万km)・・・ディーラ1500km点検
2005.9.25(1.5万km)・・・TOTAL FF 75-80W GL5

ギアオイルは車検の時に交換すればいいかなぁ、と思っていましたが、やっぱりこの目でオイルの状態(水の混入や金属粉の状態)を確認してみたいと思い立って交換しました。先ずはギアオイル選びですが、適当なカーショップではなかなか純正指定の粘度のオイルがありません。147はデフ一体のFF車なので、固めのオイルを入れておけば全然問題ないのでしょうが、現行の軽いシフトフィーリングは捨てがたいです。そんなわけで明らかに安いグレードですよ的なパッケージのTOTAL製にしました(何故か純正指定の粘度のオイルは他にありませんでした)。
0608200045.jpg

交換作業は結構面倒でした(途中でDIYショップに走りました)。工具を先に揃えた方が良いです。作業は近所を走ってギアオイルを暖めます(今回は作業途中で、工具を買いに車を飛ばしたので、むっちゃ熱いマフラーに腕が触ってしまいました。皆さんも気をつけて下さい)。ジャッキアップ後、注入側のボルト(黄色矢印)を外します。これは12mmのHEXが必要です。
0608200044.jpg

次にドレン側のボルト(赤色矢印)を外すのですが、むっちゃ狭いので、5/16×25(1/4だったらゴメンなさい。)の長ナットが必要で、長ナットを廻すメガネラチェット(今回は安物の10×12のイタラチェット)があると楽です。
0608200040.jpg
0609090044.jpg

ドレンを外すと勢いよくオイルがでてきます。今回かなりオイルをこぼしました(近所の人、ゴメンなさい)。そのあと、ドレンボルトにテフロン製のシールテープを巻いて、取り付け、注入口からオイルを入れます。75-80Wの粘度は比較的シャバシャバですので、100円ショップで購入したマスタード入れる容器(説明しにくいのですが、ホットドック屋においてある黄色の容器のやつです)に入れて、注入しました。ほぼ2L入ります。そして注入ボルトにシールテープを巻いて取り付けます。
今回判ったことは、1.5万kmの走行程度では、全くオイルに変化は見られませんでした。金属粉もゼロです。また交換後のフィーリングも全く変わりません(当然ですが...)。まぁ、自己満足の作業みたいです(でも車検前も自分で交換しよっ!)。

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

alfa147メンテ・修理 | 21:13:45 | Trackback(0) | Comments(2)
オイル交換
2004.08.06(0.16万km)・・・ディーラー1500km点検時の交換
2004.12.12(0.57万km)・・・上抜き BP Vervis Neo 10-40W
2005.04.29(0.97万km)・・・上抜き BP Vervis Neo 10-40W+Oil Filter(BOSH)交換
2005.09.25(1.53万km)・・・上抜き BP Vervis Neo 10-40W
2006.04.30(1.88万km)・・・上抜き BP Vervis Neo 10-40W(1.5L)+Oil Filter(純正)交換
2006.06.03(1.95万km)・・・下抜き Castrol Formula RS 10-50W

(オイル交換の時期)
昔の慣例通り、5000km又は6ヶ月毎の交換を基本として、2回毎にオイルフィルターを交換しています。オイル交換時はついでにタイヤのローテーションもやっています。

(オイルの種類)
今まではすべて純正と同じ粘度の鉱物油系オイル(BP Vervis Neo)を使っていました(値段からですが...)。特にオイル減りもなく、不満もありませんでした。
しかし、化学合成系のオイル(Castrol Formula RS)が近所の安売り店で、あまりにも安く販売していたので、今回試してみました。結果、エンジンの吹け上がりが良くなりました!でもちょっと固いみたいで、燃費は落ちたみたいです。オイル減りは今のところありません。

(交換方法)
今までの交換方法は↓のように上抜きで行っていました。
040806-01.jpg
040806-02.jpg

作業はものすごく楽です。しかし上抜きでは、3.5L程度しか抜けないので(マニュアルでは4L抜けるはずですが...)、下抜きを試しました(一番の理由は上抜きの機械の調子が悪いのです...)。下抜きのため、ガスケットをディーラーから入手。このガスケットは250円なのにメタルと樹脂(TPE?ゴム?)のインサート品です。値段の割に非常に美しい部品です。040806-03.jpg

しかし交換後に気付いたのですが、今まで付いていたガスケットは単なる銅製のものでした...。040806-06.jpg

交換は上抜きに比べたら大変です。4階のアパートからジャッキと馬を運ぶだけで疲れます...。1.6はアンダーカバーがないので、下に潜って8mmのHEXを取り外すだけです(これまた固かった)。1.6Lのドレン穴は、オイルパンの真下ではなく、真横にあります。気になる抜け量ですが、やっぱり3.5Lでした...。
040806-04.jpg
040806-05.jpg

作業性を考えると、上抜きでいいみたいですねぇ。ただし、始めての下抜きの交換時に、パワステ部分からオイルの滲み漏れを発見できました。まぁ、オイルフィルター交換時にはどうせ下に潜るので、やっぱり次回から上抜きにしよう。

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

alfa147メンテ・修理 | 21:02:44 | Trackback(0) | Comments(6)
ワイパー
2005.04.02・・・モリワイパー塗布

2006.09.09・・・   〃

では、ブログ修復の最後はメンテ関係です。

納車1年後から、助手席のワイパーがビビリ始めました。特にゴムは切れていないので、たまたまホームセンターでみつけたモリワイパーを試してみました。このモリワイパー、かなり液が垂れますので、ワイパーを外して作業した方が良いです。ワイパーは黄色矢印方向につまんで、赤色矢印方向にワイパーを取ります。
0609090003.jpg

後は説明書通りに塗布します。ワイパーのゴムは黒から銀色になります(う~ん。滑りそう)。
0609090021.jpg
0609090022.jpg

さっそく取り付けて、雨の日に確認しましたが、助手席側でやっぱりビビリが...(ワイパーは面白いほど滑っているのですが)。
その後、ワイパーを横からみると、ゴムがえらくひん曲がっていたので、180°廻してつけ直したらビビリが止まりました(∩(・ω・)∩)。微妙なものなんですねぇ。
0609090002.jpg

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

alfa147メンテ・修理 | 20:52:56 | Trackback(0) | Comments(0)
職場
私の勤務している会社(車関連の会社では全然ありませんが)の同じフロアーに、私を含めてアルファ乗りが3人います。羨ましいでしょう(^_^)v

一人は女性でアルファ156 TS SELESPEEDです。高速でセレがスタックしても全然動揺しない、度胸の据わった素敵な人です。セカンドカーに真っ黄色のプントアバルトを乗っています。羨ましい...
職場-01

もう一人は男性でアルファ147 Linea Rossaです。小さいお子様がいるにも関わらず、スーパースプリントのマフラーに交換し、最近、ブレーキパッドも交換しています。車高が低くなるのも時間の問題でしょう。
職場-02
職場-03

そして私のアルファ147 1.6TSです。
職場-04

残念ながら、10/1に147 Linea Rossaの先輩は転籍になります...、といっても同じ工場敷地内ですが、やっぱり寂しくなります(仕事で忙しい最中でも、ちょっとアルファの情報交換できたのにぃ~)。

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

アルファロメオ | 21:24:53 | Trackback(0) | Comments(0)
shockwave.com
普段おとなしい嫁が、shockwaveのMystery Case Filesにはまって、90日の遊び放題プランに加入したところ、パソコンに釘付けに...。全然ブログができなくなってしまいました(今、嫁が寝ているので一気にやってま~す)。新しいパソコンが欲しいなぁ~!

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

その他 | 08:39:18 | Trackback(0) | Comments(2)
チケットホルダー
2005.8.12・・・Alfa Romeoチケットホルダー

なにげにネット購入したものです。実はどこに貼るか悩んで転々としました。結局バイザー裏の樹脂部分といった目立たない部分に貼り付けています(意外に実用的です。でもETCを購入したら...)。購入された方、どこに貼っています??
0609090005.jpg

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

alfa147モディファイ | 08:29:30 | Trackback(0) | Comments(0)
Quadrifoglioエンブレム
2005.8.7・・・Alfa Romeo (Quadrifoglio)エンブレム

Alfa147の外観は完璧なので、エクステリア製品には全く興味がないのですが、モディファイをすると、ちょっと特別仕様である証が欲しくなります。
そこでQuadrifoglioエンブレムをリアにそっと付けました。自己満足ですが、リアをみるとちょっと微笑んでしまうアイテムです。
050730.jpg

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

alfa147モディファイ | 08:27:40 | Trackback(0) | Comments(0)
サイドブレーキグリップ
2005.7.30・・・Alfa Romeoアルミ&レザーサイドブレーキグリップ

momo製のシフトノブがあまりにも気に入りましたので、純正のプラスチック感タップリのサイドブレーキも交換しました。これもイタ雑でmomo製のAlfa Romeoアルミ&レザーサイドブレーキグリップをネット購入しました。
アルミタイプにするかカーボンルックタイプにするかかなり悩みました。会社の147 Linea Rossaの先輩に相談してようやく決定しました(なかなか一人では決められないこと多いですよね~)。
取り付けはやはりイタ雑のHPを参考です。左が純正、右が交換後です。
050730-12.jpg
050730-13.jpg

取り付け後の感想ですが、
○握った感触は純正より全然イイ
○ただちょっと握る部分の径が大きい
 (私の手は女性並みに小さいですので参考までに)
○プラメッキ部分の本体接着部分がすぐ取れる
  (瞬間接着剤で修復できました)

○ゴムクッションがボタン部分にある構造ですので、
 レバーを引いたときにノッチ感覚が全くなくなる。
 →これは未だに違和感があります。

   いつか修正してみます。

見た目・握り心地ともに、純正より全然イイのですが、上記理由からも純正のレザーカバーでも良かったかなぁ~と思います(^^;

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

alfa147モディファイ | 08:21:34 | Trackback(0) | Comments(0)
キーホルダー
2005.5.28・・・Alfa Romeo ミニライトキーリング (Type:C )

イタ雑には色々なキーホルダーがあり、目移りします。
純正のキーホルダーはちょっと男性にはかわいすぎます。
050528-10.jpg

そこで、さんざんイタ雑で悩んだあげく、裏のボタンを押すと赤いライトがつくタイプにしました。
050528-08.jpg
050528-09.jpg

でも、ちょっと重くて...。最終的にはアンケートの粗品の携帯ストラップを使っています。やっぱり赤が似合います。
050528-11.jpg


(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

alfa147モディファイ | 08:15:29 | Trackback(0) | Comments(0)
エアバルブキャップ
2005.5.28・・・Alfa Romeoエアバルブキャップ

シフトノブの次に気になっていたのが、タイヤのエアバルブキャップ。2種類ありましたが、店員さんの「こっちが絶対いいですよ~」の一言で、お値段の高い方に決めました。
取り付けた感じは、ちょっと微妙でした(^_-)。(左が純正・右が交換後です。)
050528-04.jpg
050528-05.jpg
050528-06.jpg
050528-07.jpg

残念なことに、取り付け2ヶ月後に、走行中にalfaの紋章が取れて紛失(4ヶ中2ヶ)...(T_T)。現在はもとに戻しています(嫁は結構気に入ってたみたいですが)。またこのバルブキャップは結構重いので、アルミタイプのものがお勧めかも...(^^;)

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

alfa147モディファイ | 08:12:38 | Trackback(0) | Comments(0)
シフトノブ
2005.5.28・・・Alfa Romeoアルミ&レザーシフトノブ

これもイタ雑出張?の際に購入した物です。中でもシフトノブは写真よりも実物を見た方がずっとイィ。色々握らせてもらって、アルミ&レザータイプを選びました。
実際につけてみて、皆さんが良くこれをチョイスする理由が判りました。シフトノブを上から握る人は非常にお勧めです。純正(写真左)の見た目はかっこいいけど、扱いやすいのが一番です(写真右が交換後)。
050528-01.jpg
050528-03.jpg

交換はイタ雑のHPのまんまです。取り付けで注意点が2点あります。

・アルミの仕上げはひどいです(ドリルの切り子が...)。
 ルーターで丁寧に仕上げて下さい。握り心地も変わります。
・そのままではシフトブーツが固定できません。
 工夫が必要になります。今回適当なシリコーンゴムをかませてい
 います。
050528-02.jpg

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

alfa147モディファイ | 08:08:26 | Trackback(0) | Comments(0)
フレグランス
2005.05.28 Alfa Romeo純正フレグランスシート
2005.05.08 Ambipur Aqua
2006.05.05 Ambipur Pacific Air
2006.07.15 Ambipur Explore

電気物のブログ修復が終了しましたので、次は147オーナーが何故か気になるイタ雑系小物関係の修復を進めます。

東京出張で暇がとれたので、初めてイタ雑に行きました。楽しいところです。2時間ぐらいいました。
目当ての一つである純正フレグランス、相当探しました(買い物終わりに、レジのカウンターにあることに気付きました...(^^;))。
私のアルファ147は正規ディーラーで新車購入したのですが、純正フレグランスはついていなかったので、ずっと気になっていました(本当に純正なのでしょうか?イタ雑の店員さんも、ついてないこともあるみたいですよと)。しかし、今まで乗った車で、芳香剤を一回もつけたこともないのに、アルファは不思議な車ですねぇ(^o^)。
購入後、さっそく助手席シートの下にタイラップで取り付けました。好きな香りでしたが、ビニールを全部破っていないのにも関わらず、2ヶ月で終了してしまいました(その後、その残骸を家に持ち帰ったら、香りが復活しました。いまだにトイレで香ったり、香らなかったり(^^;))。
女性の感想では、この純正フレグランスはかなり男性的な香りだそうです。Alfa147に純正フレグランスが付いていなかったのは、女性ユーザーがマーケット対象なのでしょうか(でも1.6はマニュアル車のみですが...)?。
050528-12.jpg

好きな香りだったのですが、もちが悪いので、イタ雑でAmbiPurのAqua(メーカーは情熱の国スペインです)をネット購入してとりつけました(すっかりフレグランスフェチです)。こちらはもちも良く、香りも爽やかです。
このAmbiPur、去年にスペイン旅行した時に、詰替用がビックリするくらい安かったので、全種類をまとめ買いしました(スペインの車は8割ぐらいの装着率でした!)。長持ちさせるコツは、車を降りるときは匂い調整レバーを全閉にしておくと良いです。
050628-13.jpg


(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

alfa147モディファイ | 08:00:50 | Trackback(0) | Comments(0)
からつバーガー
今日の昼ご飯は、会社近くの唐津バーガーです。始めて食べました。全国的には佐世保バーガーの方が有名みたいですが、この唐津バーガー、イイ感じです!
060907-09.jpg
060907-07.jpg
060907-08.jpg


(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

その他 | 22:07:44 | Trackback(0) | Comments(2)
SST(ブレーキ)
SST(ブレーキ)
ミッチーさんから「アストロプロダクツのリア用ピストン戻しツールは使えないんですね...」とコメントありました。残念ながら...、苦労すると思います。

理由は、
 ①サイズが合わない
 ②そもそも左手でしっかりキャリパーを持って(固定して)、右手で
   ラチェットを押しながら回していく行為は、神業に近い。
からです。

↓買ったときは、安い買い物をしたと思いましたが...
0609060003.jpg

私は走行距離が少ない時に交換したにも関わらず、かなり辛い思いをしたので(結局、力が入りやすいラジオペンチで応戦)ので、ミッチーさんの場合は苦労するかもしれません(若さとパワーでカバーできるかもしれませんが...)。
どのHPでも皆さん苦労しているみたいなので、一度経験してみると良いかもしれませんが、専用工具の購入をおすすめしますよ(でも高いんですよねぇ)。
↓フロント用のSSTです。フロントは楽勝でした。これをリヤ用に細工しようかとも思いましたが...
0609060001.jpg

ミッチーさんいいローターとパッド手に入れましたねぇー!

ブログのアップ楽しみにしてま~す (^^)/~

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

FinePix F30

工具 | 23:20:55 | Trackback(0) | Comments(1)
バルブ交換(LOW,FOG)
2004.7.2 ・・・H1,H7の安物(各600円/セット)のホワイトタイプバルブ→現在未使用
2005.5.12・・・IPF Super Low Beam X Bulb Clear(3200K)のH1,H7

アルファ147のランプは暗いです(>_<)。

最初は安売り店の安物バルブをつけましたが、速攻で切れてしまい純正にもどしました。
その後、IPFのバルブをつけましたが、なんとな~く明るくなった気がする程度です。
そもそも、LOW側の光軸が下向きすぎです。そこで以下の手順で光軸を変更しました。

①壁にライトをあてて、壁に照らされた光軸の中心を壁にマーキングします。
②運転席にある光軸調整ボタンで一番下向きにします(この機能、皆さん使うことあります?)。
③写真のネジ(HEX)を回転させて、壁にマーキングした所まで光軸を上向きに調整します。ネジをどれくらい回したか、マジックでマーキングしておくのがBESTです。またフォグ側に左右の光軸を調整するネジがありますが、ドツボにはまりますので、触らぬが吉です。
040702-01.jpg
040702-02.jpg

④②をもとに戻します。これでかなり改善されます(しかしまだ下向き気味です)。

対向車に迷惑かけるのであれば、運転席にある光軸調整ボタンで調整前の光軸まで下げられます。(でも、信号待ちで隣の車と比較すると、まだまだ下向きです。ちなみにhighはとんでもなく上向きになります。147はhighで光軸を合わせられているのですが、普段はlowが重要なのにねぇ!)。
ここまでしても、やっぱり暗い印象があります。色々なHPでアルファ147のHID化が絶賛されていますので、いつかはHID化したいです(お金が貯まればですが...)

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

alfa147モディファイ | 22:33:33 | Trackback(0) | Comments(2)
iPod接続
2005.1.12(0.6万km)・・・ice>Link:iPodALFA147

アルファ147の1.6TSは、残念ながらBOSEサウンドシステムがついていません。また当然ながらmp3も聞けません(アルファGTは聞けるみたいですが)。さらに追い打ちをかけるようにCD-RWも読み込み不可でした。
ヘッドユニットを交換してしまおうかとも思いましたが、そのままのデザインが好きなことと、純正ユニットの方が長時間聞いても疲れないことから、iPodに手をだしてみました。iPodは今ではなくてはならないものとなっています。
alfa147とiPodの接続は、最初はFMラジオを利用する方法と取っていました。
しかし、雑音がひどく、長距離を走ると、FMの周波数を合わせ直す必要があるから耐えられなくなりました(高速道路での周波数合わせは、携帯電話よりも危険です!)。
そこで、ice>Link:iPodALFA147を導入しました。最初はBOSEサウンドシステムがないことから、接続不可と思っていましたが、楽天のジャッロガラージュさんに調べていただくとOKでした。
配線接続はヘッドユニットの空き部分(CDチェンジャーの接続コネクター部分)に差し込むだけとむっちゃ簡単でした。が、コンフィグファイルのインストールで、なかなか接続を認識してくれなくて、結構あせりました(今考えると、何故あそこまでうまくいかなかったか、判りません...)。
使用後の感想は、大満足です。ただし、ice>Link:iPodALFA147はたま~に機嫌が悪くなります。その後の調べで、機嫌が悪くなる(イントロクイズ状態になって、最後はフリーズ!)理由はiPod側に問題があることが判明しました。現在、iPod(20GB)→iPod nano(4GB)にバトンタッチしてから快調で~す。
↓左がFMラジオ接続の頃の時、右が現在のice>Link (iPodは昔のです)
050112-01.jpg

050112-02.jpg

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

alfa147モディファイ | 22:27:43 | Trackback(0) | Comments(0)
レーダー装着
2004.10.21(0.3万km)・・・ユピテル レーダーV551i

セキュリティーに続いて、レーダーも初めて購入したものになります。ついつい147はスピードを出したくなるので....。しかし、このレーダーは何でもない所でも「危険です!危険です!」と騒ぐので、すっかり安全運転になりました(^^;)。おかげでゴールド免許が続いています。
041021.jpg

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

alfa147モディファイ | 22:17:09 | Trackback(0) | Comments(0)
ナビ装着
2004.7 (0.1万km)・・・パイオニア製carrozzeria DVD楽ナビ('02.3購入)

以前の車で使用していたナビの移植です。外車へのAV接続は初めてなのでドキドキでした。車速コードだけは見つけるのが難しいので、ディーラに予め確認しておきました(本当は秘密だったそうです)。

↓ディーラから頂いた、車速検出コードの接続図です
0609040001.jpg

('04の1.6TS以外は適合しているか判りませんので、ご参考まで)。場所はハンドル下のヒューズボックス内にあります。

作業は、オーディオヘッドユニットを外すことから始まります。ヘッドユニットの四隅の穴に針金を挿入して、ヘッドを外すのが正解みたいですが、全然上手くいきません。そこでヘッドユニット横に、内装剥がし用ヘラをつっこんで一発で外しました(すごい音がしましたが、特に問題なかったです)。
そこからテスターを駆使して常時電源・ACC・イルミを探します。常時電源は何故か2本ありましたので、気合い(配線の色・確か赤or黄)で決めました。
147のキーにはACCポジションがないので、ACC=エンジンONが正解になります(ちなみに147はACCがない変わりに、キーを抜いていてもオーディオスイッチが何故かONできます)。バック信号はリアのバックライト部分から取ります。配線は助手席側のステップ部分を外してから這わせていきます。
ちなみに147の配線は全部細いので、Uエレメントコネクターの接続はお勧めできませんので御注意を(一度、Uエレメントコネクターを使用して、電源が安定しなかったので、一度全部配線をやり直しています)。
モニターユニットは何も考えず、エアコン吹き出し部分の上に付けていま~す。GPCアンテナ・TVアンテナ・本体はリアに設置しています。GPCとTVアンテナはとりあえず室内に仮設置して、フィルムアンテナを購入してからやり直そうと考えていました。が、特に感度も問題ないのでそのままです。関東に住んでいたときは、ナビはなくてはならない存在でしたが、今は電源OFFの状態が多いです。でも遠出はやっぱり便利です。ただし、このナビはやたらと獣道(離合できない道幅の峠道)に導いてくれます...
040701-01.jpg
040701-02.jpg

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

alfa147モディファイ | 22:12:42 | Trackback(0) | Comments(0)
セキュリティー装着
2004.06.25(0.0万km)・・・オムロン製カーモニ500装着
2004.11.30(0.4万km)・・・オムロン製ワイヤレスサイレン追加

モディファイのブログ修復が終了しましたので、次にワード検索が多い電気物の修復を進めます。
納車1週間前に、近所で車盗難未遂が発生しました。当時は外車なので狙われる!と思い、生まれて初めてセキュリティーを検討。即日装着したいので、簡易型のカーモニ500を購入し、納車後すぐに取り付けました。本体をサンバイザーにつけて、電源はシガープラグから取るので、本当に簡単装着でした(現在、電源はACCから供給しています)。
車に異常があると、リモコンに通知してくれます。簡易型といわれるものですが、意外に満足しています。一度、隣に止まっている車の開けたドアでぶつけられたのも知らせてくれました。

ただし、威嚇・警告音の小さいこと小さいこと(ドアを開けていればそこそこ聞こえますが、それではねぇ。)。そこでオプションのワイヤレスサイレンを追加しました(リアのスペアタイヤ部分に置いています)。効果ですが、近所でボール遊びしていた子供達が、一斉に逃げていました(ボールではなく、体当たりされていたような気がしますが...(>_<))。買ってよかった...(本当は一軒家で専用駐車場が欲しい...)

今思えば、アルファロメオが盗難に遭う話を聞いたことがありません。「アルファが壊れやすい」という噂が最大のセキュリティかもしれません。私の場合は近所攻撃のセキュリティーに奮闘していますが....

↓上がセンサー部、下がトランクに設置したワイヤレスサイレンです。
040625-01.jpg
040625-02.jpg

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

alfa147モディファイ | 22:07:18 | Trackback(0) | Comments(0)
足回りをノーマルに戻す
2006.6.17~18 (2.0万km)


オイル交換の時にパワステ部分からオイル漏れが起きているのを確認していたので、ディーラに持っていく前に、足回りぐらい純正に戻そうと作業開始しました。

足回りの交換作業は6/17の朝6:00からリア部分を開始。前回の交換と違って、ナット類がすべて固くなっており、以外に苦戦して8:30に完了。歳のせいか朝食後、そのまま昼寝に突入。15:00からフロント部分を開始。しかし、純正の長いフロントバネを縮めるのが本当に苦戦します。スプリングコンプレッサーを締めている時に、スプリングコンプレッサーがバネをすべって片側にずれまくって、17:00に作業中断。

6/18は朝5:30!から作業復帰。左側は8:30に何とか終了。しかし右側はやはりスプリングコンプレッサーがすべりまくり。しかも真夏の炎天下。バネを縮めるのを失敗3回目で、そのまま電車で近所のASTRO PRODUCTSに飛び込みました。お店の人と相談して、インパクトが使用できる一番いいスプリングコンプレッサーを購入(16800円!高い...)。しかし効果抜群で、3時間以上無駄にした作業が10分程度で完了。やっぱりイイ工具は違いますね。安物のインパクトでもあっという間にスプリングを縮めてくれました。

↓作業後ですが、こんなに車高高かったかな?
0606180026.jpg

かっちょ悪いけど、ロールしながらコーナーを曲がるのは好い感じです。く、明らかに曲がらなくなりました(峠の爽快感は激減してしまいました)。しかし作業は面倒なので、しばらくノーマルのままにしておきます(車検後に交換しよう)。

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

FinePix F30

alfa147モディファイ | 15:18:27 | Trackback(0) | Comments(0)
シート交換
2006.3.17 (走行距離1.78万km) シート交換
2006.4.30 (走行距離1.88万km) シート位置調整

サスを交換してから、ホイールを替えようと一生懸命お金を貯めてきましたが、純正のシート(ファブリックタイプです)がどうしても体にあわないので、シート交換を先にしました(いつになったらホイールが買えるのだろう...)。
純正のシートは、日本車に比べて座面が異常に長く、太股にシートがささります(>_<)。そこで選んだシートはsprco TORINOⅡの黒にしました。選んだ理由は試乗した感じが良かったからです。最後まで色(赤or黒)については悩みましたが、嫁と会社の先輩(アルフィエスタです(^^)/)の薦めでシックな黒色としました。
購入は楽天のNANIWAYAで、シートレールとエアバックキャンセラーも同時発注です。
↓荷姿はこんな感じ。運送屋の運ちゃんご苦労様です。
  むっちゃ重かったです。
050317-01.jpg
050317-02.jpg
050317-03.jpg
050317-04.jpg

>取り付けですが、今までの作業で一番辛かったです。なにせこのシート重い...。純正よりも重いことが判明しました(-_-)。自宅の四階アパートからの登り降りの辛いこと辛いこと。車体にシートを入れるときも無理な姿勢になり辛いです。さらにはシートレールが車のボルト穴の位置に合わないので、ヤスリで懸命に削るハメに(メーカーのつくりが決して悪いわけではないと思います。フロアマットの厚み等を含めた個体差でしょう)。また純正ボルトがHEXなので、1箇所狭い部分があり、絶対に締められないので、別途スパナで締め付け可能なボルトを買う必要がありました(これは付属品で付けて欲しかった~)。
そんなわけで、取り付けの写真はほとんどないのですが、一応取り付け状況を報告します。

まずはバッテリーから電源供給コードを外す必要があります(通電時にシートのサイドエアバックのコードを外すとメーターからエラー表示が消えなくなります)。またバッテリーの電源供給コード外し方も誤るとエラー表示が消えない、エンジンがかからない等の現象が起きるそうです。そこで手順は以下で行いました(一応、エラーはでませんでした(^o^))。
①キーのリモコンでドアを開けます。(以降キーは使いませんので、ポケットにしまってください)
②ボンネットを開けて、運転席のドアを閉めます。
③そのまま待つこと10分。(その間ヒマなので、バッテリーコードのネジを緩めます。コードを外しては駄目です)
④バッテリーコードのマイナス・プラスどちらも外します。
⑤そのまま待つこと10分。(コンデンサーの蓄電を放電させます。しかしヒマなので運転席のネジを4箇所外します。シートと車体のコードは外しては駄目です)
⑥シートと車体のコードを外します。コードはシート装着センサーとサイドエアバックの2つあります。
⑦シートを車体から取り出します。その後、純正のシートベルト受け部分を移植します。
⑧純正シート側からサイドエアバックのコネクターをコード毎切断して取り外して、エアバックキャンセラーを青と茶色の配線にハンダで接続します。エアバックキャンセラーの抵抗値は、取り説通り2.5Ωでした。
⑨エアバックキャンセラーを取り付けたコネクターを車体に接続します。
050317-05.jpg

⑩シートを車に入れて、シートベルトセンサーのコネクターを接続して、ボルト4本で固定します。
⑪バッテリーをつないで、時計を合わせ直して終了です。
050317-06.jpg
050317-07.jpg
050317-08.jpg

取り付け後、さっそくドライブすると、なぜか隣に座っている嫁の方の目線が高いことに気付きます(嫁より伸長が20cmも高いのに...)。おかしい、今回購入したショップに147ではローポジションの設定がないのに。まぁいいかと思って1ヶ月ぐらいのっていましたが、


・長距離では異常に脚の裏側が痛くなる
・良く前が見えない(特に峠)
・車の乗り降りが辛い
・バック走行が難しい
・でもシフトポジションは最高(唯一の長所です)

というわけで、耐えられないのでシート位置を調整しました。調整は40mmUPとしました。調整はM20ナット×8、カクザ 1/2×8、カクザ 3/8×8、カクザM8×4、ワッシャーM8×8、6カクBT8×65×4ヶをシートとレールの間にかませます。652円ですみました。
050317-09.jpg
050317-10.jpg

左が調整前、右が調整後です。やっと純正並のシート高さになっています。
050317-11.jpg
050317-12.jpg

取り付け後は、長距離でも全然疲れなくなりました。コーナーでもしっかりシートがホールドしてくれるので大満足です。また、純正シートが18.6kgで、今回のシートは21.6kgです。重量が増えた分、リアシートベルト(2.9kg)を取っ払って、差引+0.1kgで抑えました。以外にセミバケットは重いのですね。勉強になりました。

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

alfa147モディファイ | 14:59:51 | Trackback(0) | Comments(0)
サスペンション(スプリング・ショック)交換
2005.3.25 (走行距離0.92万km)・・・スプリング交換
2005.4.29 (走行距離0.97万km)・・・ショック交換

マフラーの次に気になるパーツはサスかホイールではないでしょうか?今回はサス交換です(ホイールよりも安いからです)。狙いはすこ~し車高を下げる大人のシャコタン...。選んだパーツはEIBACHのスプリングとSACHSのショックです。本当はKAAZの車高調キットが欲しかったのですが、お金がなかなかたまらず、我慢できずに安いスプリングから飛びつき、結局乗り心地が悪すぎたので慌ててショックを買った次第です。
取り付けは、最初(スプリング交換)は1日フル作業でした。2回目(+サス交換)は交換後にオイル交換までする余裕がありました。しかし歳には勝てず、作業後数日は筋肉痛との戦いになります...(1回目はなれない作業で時間がかかり、途中で雨が降ったので写真があまりないので、今回混在して写真を使用しています。昔は手伝ってくれる相棒がいたのですが、この歳ではなかなか誘えません...)
交換にはかなりの工具が必要になります。156での交換方法はかなりのHPに掲載されていますのが、147ではインパクトレンチが必須になります。
まずリアの交換ですが、ここでインパクトレンチが必要です。しかし四階のアパート暮らしでエアーや100Vの電動インパクトはつかえません。そこで安売り店で購入した電動インパクト(大自工業製 F-17)の登場です。4千円もしないのに大活躍です。ただし雨の日は使用しないでください。説明書にも使用不可と書いてあるのに、雨の日に使用したら、煙をはいて二度と動かなくなりました(T_T)。
ジャッキアップ前に後ろのCピラーの樹脂部分を外します(タッピングネジをすべて取っ払います)。シートベルト部分の小さい樹脂部分はシートベルト方向に沿ってゆっくり引っ張って下さい。非常に折れやすいです(そこにもタッピングネジがあります)。樹脂部分を外した後は、フロアマットを剥がすのが正解ですが、面倒なので写真の様に部分的に切っちゃいました。その後、写真のようにインパクトでナットを外します。外すナットは2つありますが、ジャッキアップするとショックが取れちゃいますので、一つは緩くはめておきます。
050325-01.jpg

ジャッキ後、ブレーキホース、ABSコードを外して、スタビをインパクトで外します(インパクトで外れづらい時は、メガネレンチと六角レンチ(結構パワーがいるので、ソケットタイプが必須です)を組み合わせて外します)。その後サスとパラレルリングを固定しているネジを外して取り外します(取り外すとカラーやワッシャーが山のようにでてきますので、ばらした順番をデジカメで良く撮っておきましょう)。また、意外にパワーがいりますので、スピンナーハンドルを一つ用意して方が良いです。またプラハンマーも、長いボルトを抜くときに便利です。
050325-02.jpg
050325-03.jpg
050325-04.jpg
050325-05.jpg

交換したスプリングとショックです(どちらも黒が純正です)。スプリングは巻き数が多くて頼もしくみえます。ショックは純正と同じ形状です。ちなみに純正のショックはメイド・イン・トルコでした(^^;)。
050325-06.jpg
050325-07.jpg

組み付けは基本的に純正のパーツをすべて使用します。この部品はつけ忘れて、再度組み直しに到った部品です(T_T)
050325-08.jpg

組み付け後です。赤のボディーに赤のスプリング・ショックは全然目立ちません(好いんだか悪いんだか)
050325-09.jpg

次はフロントで~す。ボンネットをあけて、ジャッキ後にブレーキホースとセンサーコード類を外します。
050325-10.jpg

インパクトの次に必要な特殊工具はプーラーになります。アッパーアームとナックルアームを分離させます。ちなみに写真は悪い例です。プーラーにネジを直接噛ませないで下さい。ナット(捨てていいやつ)をはめてからプーラーを使用すると、ネジを痛めません。
050325-11.jpg

スタビをリア同様に取り外します。リアと違って、サスを上下に動かさないと(油圧ジャッキを使うと楽です)ネジが抜けないです
050325-12.jpg

ロアフォーク廻りのボルトをすべて外して、ロアフォークとサスを分離させます。結構力入ります。
050325-13.jpg
050325-14.jpg
050325-15.jpg

サスの固定ネジ4本を外してサスを取り外します。
050325-16.jpg

交換したスプリングとショックです(どちらも黒が純正です)。リアと違いスプリングの巻き数は純正と同じです。
050325-17.jpg
050325-18.jpg

次に必要な特殊工具はスプリングコンプレッサーになります。三本爪のタイプは初めて使ってみました。最初は使いにくいので、慣れが必要みたいです。今回、マウントがゆるむぐらいに、スプリングが縮みきらなかったのですが、そのままインパクトでセンターナットを取り外しました(マウントは飛ばなかったです(^^;))。
050325-19.jpg

またマウントは純正と同じ状態でつけないと、ロアフォークにサスが取り付けられません。スプリングをばらす前に、サスとマウントの位置を必ずマーキングして置いてください。
050325-20.jpg

取り付けは逆の手順です。リア同様、赤のボディーには全く目立ちません。
050325-21.jpg

取り付け後の車高です。上が純正、真ん中がリアのみ交換後、下がリアとフロントを交換後です。いい具合に下がっています(というか、純正が高すぎる気がします)
050325-22.jpg
050325-23.jpg
050325-24.jpg

取り付け後の感想ですが、今まで峠で鳴かないタイヤが鳴くようになりました。おそらく旋回スピードが上がっているのでしょうね。乗り心地はやはり悪くなります。特にタイヤの空気圧を上げると顕著です。空気圧を2.4kgにすると、WRCのランチアデルタのコルシカの走りを再現するかのように、ぴょこぴょこ跳ねます。とくに高速道路では跳ねて挙動が不安定になるときもあります。まぁ空気圧を低くすれば全然問題なさそうですが...(空気圧は好みの問題ですよね。私は昔からぎりぎりまで多めにいれるタイプですが、皆さんはどうですか?)。
まとめますと、運転がさらに楽しくなりました(決して早く走る車ではありませんが...)。見た目も大人のシャコタンで素敵で~す!

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

alfa147モディファイ | 14:19:54 | Trackback(0) | Comments(0)
メインプラグ交換
2005.2.5 (走行距離0.8万km)

アルファのTSエンジンで、プラグをイリジウムに交換すると音が変わる?!!との噂を耳にしたので交換してみました。今回はメイン4本のみで、DensoイリジウムプラグIK20を楽天にて一本1000円以下で購入です。
工具はプラグ用ソケット・トルクレンチ・トルクスを使用します。147はトルクスのネジが多いのでトルクスビットの出番が多いです(T27 T30 T40があればOK)。私は安物の工具セットのビットを使っています。100円ショップでビットアダプターを購入すると、ラチェットにも使えます(昔に比べて力があまりかからない工具は安く買えて助かります)。
↓安物工具セットのトルクスです
050205-07.jpg

050205-08.jpg

050205-09.jpg

050205-10.jpg

まずオイルキャップを取って、エンジンカバーを固定している4つのネジを外します(オイルキャップはゴミ侵入を防ぐためにカバーを外したら再度取り付けます)。
050205-11.jpg

050205-12.jpg

エンジンカバーを外しても一部のプラグコードしか抜けません(プラグコードはプラグがはまっている部分を持って、ゆっくり丁重に抜きます)。固定プレートも外せば、すべてのプラグコードが取り外せます。
050205-13.jpg

050205-14.jpg

プラグ用ソケットレンチでプラグを外します。取り付けはプラグメーカー推奨トルク(DENSOプラグの基礎知識)で、トルクレンチを使用して取り付けます(無理に締め付けると後々高くつきます)。
左が純正プラグ(0.8万km 7ヶ月使用)、左がイリジウムプラグです。
050205-15.jpg

取り付け後、0.3万km 3ヶ月使用後の状態です。ネジ部に大量のカーボンがあります。ネジのリーチが合っていないのでしょうか?それとも熱価が適切でないのでしょうか?
050205-16.jpg

取り付け後の感想ですが、音がちょっと変わったような...気がしました(^^;)。エンジンフィーリングも変わったような...気がしました(^^;)。鈍い私には、ちょっとの違いぐらいでは、感動はないみたいです...

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

alfa147モディファイ | 13:41:40 | Trackback(0) | Comments(0)
九州ステーキ祭り
「今日は遠出(目的地は長崎水族館)するぞー」、と張り切ったものの、寄り道だらけで鳥栖止まりでした。
道中、腹を空かせてステーキのどんへ。嫁の話ではテレビで明日(9/3)までステーキ祭りらしいので、それを食べました。
ご飯お代わりもしたのですが、30分後には別のお店で讃岐うどんを冷やぶっかけで食べていました(^^;)
0609020004.jpg
0609020001.jpg

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

FinePix F30

その他 | 12:51:38 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。