■検索フォーム

■カテゴリ
■月別アーカイブ

焼肉天国
アニハセオ!
3泊4日の韓国(ソウル)旅行から戻ってきました。
今回の旅は食に始まり、食で終わりました。

先ずは屋台から!
名前は判らなかったのですが、ホットドックにフライドポテトがくっついたものです。
う~ん、旨い!
2006_1028_171103.jpg

餅を甘辛く煮た「トッポキ」です(写真奥の赤いものです)。結構に辛い!
2006_1028_172723.jpg

有名な「プルコギ」です。初めて食べたのですがこれまた旨い!
2006_1028_191211.jpg

「チヂミ」も初めてです。注文した時にはすでに満腹で、お持ち帰りでホテルで。
これもまた旨い!
2006_1028_192151.jpg

朝はこんな感じです(後から大きなスープがきました)。
おかずがいっぱいです。韓国に行ったことがある方には常識みたいですが、食事には必ずキムチの他、いろいろなおかずがつきます。おかずの中でも、特に大根のキムチが美味しかったです。
2006_1029_082154.jpg

「ビビンバ」です。ショッピングセンターのフードコートでしか食べたことがないものでしたが、やはり本場は旨い!
2006_1029_121619.jpg

「海鮮鍋」です。辛いものが続いて飽和気味でしたので、お店の人が辛そうな味噌をたっぷり入れそうだったのを、慌てて止めました。スープがとても旨いです。
2006_1029_171658.jpg

「サムゲタン」です。鶏丸ごと、米や朝鮮人参と一緒に煮込んだものです。最初は味がなくて首を傾げていたら、現地の方がジェスチャーでこの塩をいれなさいと教えてくれました。
なるほど、美味しくなりました!
2006_1030_102933.jpg

「デジカルビ」です。これで1人前です。すごく大きいでしょう!
やっぱり、これが一番美味しかったです。
2006_1030_153107.jpg

すっかり太ってしまいましたねぇ。

さて観光ですが、その中でも是非一度みたかった、映画のロケ地を(結構歩いて探しました)!
映画のとおり、ゲップをしてきました。
ここだけで20枚近く写真を撮ってます。すっかり韓流の虜になったオジさんが、コンビニの前にいました(^^;)
2006_1029_210825.jpg

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

FinePix F30

海外の旅 | 16:23:37 | Trackback(0) | Comments(0)
一般工具(レンチ)
今回も定番工具のレンチ類です。

昔は車載するほど、メガネレンチを多用していましたが、現在では出番がめっきり減りました。147の整備では、サス交換時(ナックルアーム,スタビ取り外し)やリアブレーキパッド交換ぐらいになります。リアブレーキで使用する13mmはオフセット(握りとメガネ部の角度・ずれ)はゼロのストレートが、力がはいりやすくておすすめです。
147の整備は国産車整備の常用サイズで合わない場合が多いので、オフセットが小さいコンビが増えていきます。
(写真上3本がコンビ、下の4本が昔から使用しているメガネになります。メガネはいつのまにかえらく数が減っていますねぇ)
0609090055.jpg

モンキーレンチは、147の整備で出番なしです。
0609090062.jpg

スパナもほぼ使いません(記憶ではリアブレーキパッド交換の17mmぐらいです)。スパナも昔は車載工具のひとつでした。
0609090057.jpg

懐かしいものがでてきました。パイプレンチです!昔はサス交換に不可欠だったのですが、これも使わなくなりました...。
0609090034.jpg

147のマイ車載工具です。左から、プラスドライバー、シフトノブ緩み時に使用する六角レンチ、セキュリティーリモコンのバッテリー接触不良を直す精密ドライバー、カッター、と道中で車を直す気はゼロです(^_^;)。
0610090061.jpg

逆に三角表示板、非常灯と故障停止時の準備は万全です(^_^;)
0610090062.jpg

昔は車載工具で色々助けられましたが、今時の車がストップした時は電子制御関係トラブルが多そうなので、直せそうな気がしませんよねぇ。

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

FinePix F30

工具 | 23:36:33 | Trackback(0) | Comments(0)
一般工具(ソケットツール)
金欠により、しばらくネタがなさそうです(>_<)。
そこで、趣向をかえて、工具シリーズでもいってみましょう。
(といっても自慢するような有名メーカーの工具はひとつもありません...)

車の整備に工具は欠かせません。工具は不思議なもので、使えば使うほど愛着が湧きます。

特にこのラチェット、17年間浮気せずに使用しています。昔は切り替えレバーやリリースボタンがついているものが欲しかったのですが、今となってはこれで十分です。
0609090048.jpg

兄に車いじりを教えてもらったとき、すぐに欲しくなった工具です。この傷が愛着を物語っています。未だに一番打者です。
0609090049.jpg

次にこのスピンナーハンドル。これも17年選手です。硬いナットはこれが必要不可欠で、頼りになります(無敗です!)。家に強盗が入ってきたら、真っ先に握る工具になります。
0609090047.jpg

このトルクレンチは兄からプレゼントしてもらったものです。これも17年選手です。今は整備書なしで作業しているので、めっきり出番がなくなりました。最近ではプラグの締め付けで、よろこんで使いました。
今頃のトルク表記はSI単位(N・m)になってしまいましたが、このトルクレンチのプレートはkg・cm表記で妙に心地良く感じます。
0609090033.jpg

増え続けるソケット類。特にHEXのソケットは、147を整備する度に増えていきます。
0609090050.jpg

○参考○
ソケットツールは、セオリーを無視して1/2インチサイズ(差し込み口の大きさ)で揃えてしまいました。
しかし足回りまでいじくっていますので、結果的には安く上がったと思います。
(3/8インチサイズは安物のセットツールのもので十分と思います)。

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

FinePix F30

工具 | 19:13:33 | Trackback(0) | Comments(10)
グリルメッシュ化の効果
メッシュ取付後、何回かドライブしました。
ちょっと覗いてみると、おぉすでに効果が!
0610220007.jpg

でも、ネットは3~4箇所しか止めていないので、ちょとネットがたるんできてます。
ネットを取り付ける場合は、ロックタイを数増しして、たるまないかどうか確認した方が良いみたいです(^_^;)。

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

FinePix F30

alfa147モディファイ | 18:34:07 | Trackback(0) | Comments(0)
グリルメッシュ化?
2006.10.14 (走行距離23667km)

久しぶりのモディファイ?です。
きっかけは帰省で高速道路を走った後、ラジエターに虫が刺さっています...(写真1つ目)。
これはあかんと、虫対策です。ついでに見た目も変えちゃいましょう。
メッシュ化には、ホームセンターでトリカルネットという虫除け網を購入です。幅1mで、10cmあたり42円でした。店員さんに40cm分お願いしたら、サービスで60cmもありました(168円です。安い!)。
後は手持ちの耐候性のロックタイで、いざ作業です。
作業はいつものようにフロントバンパーを外します。
プラスネジ6本外してグリルを取り外します(写真2つ目)
さあ、このシルバーのプラメッキパーツを取り外すぞぉ~(写真3つ目)
しかし、プラメッキを固定しているこの勘合部が...(写真4つ目)
勘合部のアップです(こんなの嵌めたら二度と外せないぞぉ~)
10分ぐらい格闘しましたが無理すると折れそうで、怖くて挫折です(写真5つ目)
プラメッキを取り外した時のイメージを確認しました。迫力ありそうですが、すぐに元に戻せなくなるのはイヤです(写真6つ目)
というわけで、虫対策を優先で、ネットの取付のみです。この作業は楽しくて、結構夢中になれます(写真7つ目)
下側の部分にもネット取付です。気付かなかったのですが、左右で開口部分の大きさが違うのですねぇ(写真8,9つ目)
装着後です。見栄えは結構いいかもぉ(写真10つ目)
黒が映えます!ミッチーさんだったらネットは銀色にするでしょうね。私はブラック派です(笑)(写真11,12つ目)

というわけで、白髪染めのようなモディファイになりました。まぁ、虫がラジエターに刺さらなければヨシとしましょう。
photo_1.jpg 0610140101_20071021151301.jpg 0610140103_20071021151312.jpg

0610140104_20071021151325.jpg 0610140106_20071021151343.jpg 0610140108_20071021151353.jpg

0610140109_20071021151413.jpg 0610140111_20071021151426.jpg 0610140112_20071021151436.jpg

0610140116_20071021151449.jpg 0610140117_20071021151540.jpg 0610140118_20071021151550.jpg

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

FinePix F30

alfa147モディファイ | 00:10:27 | Trackback(0) | Comments(4)
1年定期点検③
2006.10.14 (走行距離23667km)

前回、前々回に引き続き、1年定期点検の続きです...(長い)。今回は「足廻り点検」と「下廻り点検」です。朝6:00に目が覚めたので、そのまま作業開始です。
もう朝露の季節になりました!
06101401.jpg

●足廻り点検
147はフロントもリアもディスクブレーキなので、ドラムブレーキの項目はパスです。ブレーキの点検は今回リアとフロントに分けて行いました。

・ブレーキディスク(リア)
ディスクとパッドのすき間をみる項目がありますが、最初は何の為に見るのか全然わかりませんでした。まぁ、とりあえずみてみましょう。といったもののリアはフロントみたいにハンドルを切ってキャリパーを動かすといったようなことができません(写真1つ目)。
そんな時はデジカメです。本当に便利ですよねぇ~。見た感じはディスクとパッドはつかず離れずといったとこでしょうか(写真2つ目)
整備記録簿には点検良好か修理の二つの判定しかありません。ということは、浮動式のキャリパーがスライドピンに固着していないことを確認するのでしょうか...。そう思ってスライド部分の動きも確認しておきました(写真3つ目。バラしてからの確認になります。動きはスムーズです)

 →ディスクとパッドとのすき間(リア)は「良」です。
06101402_20071021151825.jpg 06101403_20071021151832.jpg 06101410_20071021152048.jpg

パッドの摩耗状態をみるため、以前の要領でバラします。そうそう、ブログの修正があります。15のスパナではなく17のスパナでした。すみません(写真1つ目)
パッドは見た目全然減っていません(写真2つ目)
今後に備えて、すべてのパッドの厚みを測定します(写真3つ目)
測定値は以下です。
 後輪右 ホイール側 9.56mm ボディー側 9.80mm
 後輪左 ホイール側 9.66mm ボディー側 9.69mm
参考までに、左側のディスクローターの厚みを測定したら10.13mmで、パッド当たり面有無の段差は0.16mmでした。
パッドはブレーキクリーナーで洗浄です(写真4つ目)
組み付け前に、パッド裏面にブレーキシムグリースを塗ります(写真5つ目)
この段階で、ブレーキホースとピストンシリンダーのゴム部分の劣化状態と液漏れを確認します(写真6つ目)

 →ブレーキパッドの摩耗(リア)は良です。
06101404_20071021152124.jpg 06101405_20071021152138.jpg 06101406_20071021152158.jpg

06101407_20071021152500.jpg 06101408_20071021152517.jpg 06101409_20071021152532.jpg

・ブレーキディスク(フロント)
ディスクとパッドのすき間はリアに比べて簡単に見れます(写真1つ目)
またキャリパーとスライドピンの固着の確認ですが、これはスライドピンにグリースを塗って対応します(バラし後の組み付け時の作業になります)。これもブログの修正項目になります。すみません(写真2つ目)
塗布するグリースですが、耐熱性がある方が良いみたいです。通常はラバーグリースと呼ばれるものを塗布します。近所のホームセンターに2種類ありましたが、今回はシリコーングリースのタイプにしました(シリコーンオイルベースなので耐熱性は良いです。また増調剤にフッ素を使用していますので、耐水性も良いでしょう。ただ、シリコーン系ですので、ゴムにはやっぱり影響してしまいますが、今回の用途ならOKでしょう!)(写真3つ目)

 →ディスクとパッドとのすき間(フロント)は「良」です。
06101411_20071021152605.jpg 06101412_20071021152614.jpg 06101413_20071021152632.jpg

リア同様、パッドの摩耗状態をみるため、バラします。パッドは見た目全然減っていません(写真1つ目)
フロントもすべてのパッドの厚みを測定します(写真2つ目)
測定値は以下です。
 前輪右 ホイール側 11.09mm ボディー側 11.25mm
 前輪左 ホイール側 11.00mm ボディー側 11.25mm
参考までに、ディスクローターの厚みは右側22.25mm、左側22.28mmで、パッド当たり面有無の段差は右側0.18mm、左側0.19mmでした。
組み付けはリア同様、パッドをブレーキクリーナーで洗浄です(写真3つ目)
組み付け前に、パッド裏面にブレーキシムグリースを塗って組み付けます。この段階で、ブレーキホースとピストンシリンダーのゴム部分の劣化状態と液漏れを確認します。

 →ブレーキパッドの摩耗(フロント)は「良」です。
06101414_20071021152705.jpg 06101415_20071021152716.jpg 06101416_20071021152729.jpg

・ホイール
タイヤは純正(GOODYEARのNCT5)のままで、縦溝が3本ありますので(写真1つ目)、偏摩耗を確認するために全部測定します(写真2つ目)。
測定結果は以下で、すべて1.6mm以上で著しい偏摩耗もないです。
 前輪右 4.38mm 4.25mm 4.35mm
 前輪左 4.24mm 4.02mm 4.02mm
 後輪右 4.65mm 4.64mm 4.67mm
 後輪左 4.57mm 4.52mm 4.42mm
(タイヤ側→ボディー側の順です)
ボルトはブレーキ点検後に締め直しています(写真3つ目)

→タイヤの溝の深さ、異常な摩耗は「良」です。
→ボルトの緩みは「締」です。
061014171_20071021152807.jpg 06101417_20071021152827.jpg 06101418_20071021152839.jpg

・ブレーキのマスターシリンダ、ディスクキャリパ
液漏れの確認ですが、マスターシリンダーはあんな奥に...(写真1つ目)。
ABSユニットは良くみえます(写真2つ目)。
見た感じ、液漏れはなさそうです。ディスクキャリパの液漏れは、ブレーキ・ディスクのところで確認済みです。

 →液漏れは「良」です。
06101419.jpg 06101420.jpg

●下廻り点検
本来は駐車している地面をみれば良くわかるのでしょうが、作業のオイルまみれで良くわかりません...。ということで、ジャッキアップして潜って確認です。
06101421.jpg

・エンジンオイル
オイルパン等に特に漏れはありません。
 →漏れは「良」です。

・トランスミッション
トランスミッションには、特にオイルの漏れはないです(写真1つ目)
量の確認はオイルの注入口から確認するしかないので、フィラーボルトを外します(写真2つ目)
本来は指をいれるのですが、工具で確認です。量もオイルの色も異常なしです(写真3つ目)
フィラーボルトは、前のシールテープを丁寧にとって、再度シールテープを巻いて取り付けます。

 →オイルの漏れ、量は「良」です。
06101423_20071021152912.jpg 06101424_20071021152920.jpg 06101425_20071021152935.jpg

・ドライブシャフト
ドライブシャフトの固定ネジは、インナーフェンダーを外すと良く見えます。このボルトはどうもネジロックが塗られているみたいですので、増し締めはやめて、ドライブシャフトを手で揺らしてガタをみました。

 →連結部の緩みは「良」です。
06101426.jpg

・ブレーキホース、パイプ
ブレーキ・ディスクのところで確認済みです。

 →漏れ、損傷、取付状態は「良」です。

・エキゾーストパイプ、マフラー
いつ見てもいぃテールマフラー(写真1つ目)
テールマフラーのマフラーハンガーはOKです(写真2,3つ目)
テールマフラーの接続部もOKです(写真4つ目)
センターパイプのマフラーハンガーもOKです(写真5つ目)
センターパイプの接続部のネジですが、かなり錆びてます。外すの手強そう...(写真6つ目)

 →取付けの緩み、損傷は「良」です。
06101427_20071021153009.jpg 06101428_20071021153021.jpg 06101429_20071021153100.jpg

06101430_20071021153130.jpg 06101431_20071021153151.jpg 06101433_20071021153208.jpg
○厳しい使われ方をした場合の点検項目
メンテナンスノートの「厳しい使われ方をした場合の点検項目」は、以下の条件に該当してないのでパスです。(結構、山道走ってますけど...)。
 ・走行距離が多い場合(1年間に2万km以上)
 ・悪路(凸凹道、砂利道、雪道、未舗装道路)や山道、登降坂道での
  走行が多い場合(目安:走行距離の30%)

と、いうわけで1年定期点検の点検終了です。後は記録簿の作成で終了です。めでたしめでたし。ふぅ~。
(しかし未だに記録簿の作成をしていません...要交換品も併せてリストアップしなければ!)

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

FinePix F30

alfa147メンテ・修理 | 23:38:36 | Trackback(0) | Comments(2)
コスモス
今日は朝6時に目がさめてしまったので、そのまま昼まで車の作業を...。
その車の作業中に、発注していたノートパソコンが着ました!
(今まで使っていたパソコンは立ち上げからメールを見るまでに軽く10分以上かかっていました。また謎のフリーズが多発していたので、ついに購入を決意しました)
0610140124.jpg

そんなことをやっていたら、すでに午後に...。
秋の始まりをみなければ!ということで慌ててドライブです。

小石原→江川ダム→秋月→甘木と山道満載でした。
そしてキリンビール福岡工場につきました。
0610140125.jpg

今年も見事です。
0610140131.jpg

今年はビール販売は中止です(キリンさんえらいです!)。
でも出店はあります。
一本いっとく? うん、いっとく!いっとく!
0610140143.jpg
0610140145.jpg

軟骨唐揚げも旨い!
0610140147.jpg

締めはデザートで!
0610140151.jpg

後はキリン工場をぶらぶら見学を。
0610140153.jpg 0610140155.jpg

夕方までいましたが、秋のはじまりを堪能できました。
0610140159.jpg


(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

FinePix F30

九州の旅 | 00:27:10 | Trackback(0) | Comments(2)
効くかな?
会社の後輩が、「メーカーさんと打ち合わせた際、車好きの方に是非どうぞ」といわれて、私の机の上に...。
0609090023.jpg

はやりの省エネグッズです!
今時の車は、ピストンリングの材質が非常に良くなっているので、固体潤滑剤であるモリブデンの添加剤は、エンジンオイルよりもギアオイルに入れた方が効果が高いらしいです。

でも...
せっかく頂いたので...
というわけで次回のエンジンオイル交換で、ドーピングしてみます。
効くかなぁ~?

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

FinePix F30

alfa147メンテ・修理 | 23:11:49 | Trackback(0) | Comments(0)
1年定期点検②
2006.10.9 (走行距離23667km)

前回に引き続き、1年定期点検の続きです。この3連休は謎の腰痛が発生して大変でした。今日は幾分調子が良いのですが、今回は無理をせずに「エンジンルーム点検」のみ実施です(いつになったら終わるやら)。
そうそう、前回の点検の反省をうけて、100円ショップでクリップボードを購入です。これは便利です。
06100901.jpg

●エンジンルーム点検
・パワーステアリング
ベルトの緩み、損傷をみるのですが、エンジンルームからはカバーで全然見えないぞぉー!(写真1枚目)
まぁ、パワステポンプの所で、ベルトが見えるけど緩み具合の確認は無理ですねぇ(写真2枚目)
今日は下に潜るのが嫌なので(腰痛が再発しては嫌なので)、5mmのhexネジ2本で止まっているカバーを外します(写真3枚目)
06100902.jpg 06100903.jpg 06100904.jpg

やっとベルトが見えました。おぉ、意外にきれいだ(写真4枚目)
緩みも全然ないです(写真5枚目)
 →ベルトの緩み、損傷は「良」です。
06100905.jpg 06100906.jpg

・点火装置
スパークプラグをいつものように外します。
今回はサブプラグを含めて計8本です。多いですねぇ(写真1枚目)
メインはDensoのIK20(イリジウムプラグ)に交換していたのですが、以前見たときと同じく、ネジ部に大量のカーボンが。結構エンジン内部汚れているかもしれませんねぇ。またイリジウムプラグは中心電極本当に細いですねぇ(写真2枚目)
サブは純正のままで、NGKのPMR7Aです。これもややカーボンが(写真3枚目)
06100907.jpg 06100908.jpg 06100909.jpg

イリジウムプラグは中心電極が細く、レーザー溶接しているので、プラグクリーナーやワイヤーブラシによる清掃はお勧めできないらしいのですが...。まぁ結局ブラシとブレーキクリーナー(手元にこれしかなかった(^_^;))で軽~くお掃除を!(写真1枚目)
でもまぁ少しはきれいになったでしょう(写真2枚目で右がお掃除後!)
しかしプラグの碍子部分に錆が結構ついています。どこから錆びているのでしょうかねぇ(写真3枚目)
06100910.jpg 06100911.jpg 06100912.jpg

さてメインプラグのネジ径はM14だから、締め付けトルクはDENSOさんのHPから200~300N・mです(写真1枚目)
サブプラグはM10だから、締め付けトルクは100~150N・mです(写真2枚目)
いつも緊張する本締め。この写真は雰囲気で、トルクレンチを使用して両手でしっかり組み付けます(写真3枚目)
06100913.jpg 06100914.jpg 06100915.jpg

プラグコードは、一部腐食していますねぇ。まだまだ大丈夫そうですが、社外品にでも交換したいですねぇ。
06100916.jpg 06100917.jpg

→スパークプラグの状態はとりあえず「良」です。サブプラグもイリジウムに変えてみようかなぁ!

点火時期 ディストリビューターのキャップの状態の確認は、写真のようにコンピューター制御のダイレクトイグニッションタイプなので、ディスビもないし、点火時期の調整なんかできないぞぉ!
 →というわけで、エンジンの調子からも点火時期は「良」しか書けません。
 →ディストリビューターのキャップの状態はないので「/」です。
06100918.jpg

・バッテリー
アルファはバッテリーの突然死を良く噂にしますが、2年以上純正のままです(写真1枚目)。
今一番不安なのが、充電状態を示す窓。購入後1年後ずっと黒色(充電不足)でしたが最近緑色(良好状態)に!でもまた黒色に...そろそろやばそうですね(写真2枚目)
マイナス端子は緩みも腐食もないです(写真3枚目)
プラス端子も同じく(写真4枚目)
 →ターミナル部の緩み、腐食は「良」ですが、近々バッテリー交換要ですね。
06100919.jpg 06100920.jpg

06100921.jpg 06100922.jpg

・エンジン
排気ガスの状態ですが、特に黒煙もなく良好です。
 →排気ガスの状態は「良」です。
06100924.jpg

エアクリーナエレメントの汚れ・詰まりですが、そういえば、一回もエアクリーナー外していませんでした。ではでは早速。
二箇所の留め金をパチィ、パチィと外します(写真1つ目と2つ目)
とれると思いきや、サクションパイプが邪魔だぁ~!結局クリーナーボックスとサクションパイプを固定しているバンドを解除に。しかもこのネジ全くサイズがわからず、ラジオペンチで開けちゃいました。いつか交換ですね(写真3つ目)
06100925.jpg 06100926.jpg 06100927.jpg

エアクリエレメントがでてきたらビックリ。吸気側が黒いスポンジで覆われて、汚れ具合がわからんぞぉ~。とりあえず、表面のタンポポの種らしきものをとって終了です(写真1つ目)
そういえば、エアクリエレメントをとったクリーナーボックスを良くみてみると、レゾネーターらしきものが。1.6にエアインテークパイプではなく、クリーナーボックスにレゾネーターをつけているのかな。いつかボックスばらしてみよう(写真2つ目。左に90°回転させてください)
 →エアクリーナエレメントの汚れ、詰まりは正直よくわからなかったのですがまぁ「良」です。いつか変えましょう。
06100928.jpg 06100929_20071017225340.jpg

・冷却装置
ファンベルトの緩み、損傷はパワステベルトと同じになります。
 →ファンベルトの緩み、損傷は「良」です。

冷却水の漏れは、各ホースの状態・漏れの確認になります。
一番やられやすいといわれるラジエターアッパーホースは全然OKです(写真1枚目)
ラジエターロアホースも全然OKです(写真2枚目)
サーモスタットから伸びているヒーターホースと思われるものもOKです(写真3枚目)
これもヒーターホースと思われるものもOKです(写真4枚目)
これはバイパスホースかなぁ?まぁOKです(写真5枚目)
サブタンクの供給ホースもOKです(写真6枚目)
サブタンクへのリターンホースもOKです(写真7枚目と8枚目)
 →冷却水の漏れは「良」です。
06100930.jpg 06100931.jpg

06100932.jpg06100933.jpg 06100934.jpg

06100935.jpg 06100936.jpg 06100937.jpg

エンジンルーム点検だけでもへろへろです。まだ「足廻り点検」「下廻り点検」と「厳しい使われ方をした場合の点検項目」が残っています。整備士の方は本当に大変ですねぇ。
ではでは次回に続きます。

そうそう、みっちーさん、これ(↓)ですよぉ~。近々つけますねぇ。
0610090064.jpg

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

FinePix F30

alfa147メンテ・修理 | 18:12:41 | Trackback(0) | Comments(4)
1年定期点検①
2006.10.7 (走行距離23422km)

そういえば、147を購入してから、すでに2年以上経過しています。そこで、今回は、来年6月のユーザー車検に向けて、1年定期点検と日常点検を実施しました。ではでは、車に付属していたメンテナンスノートに従ってのんびり真面目にやりましょう。
06100701.jpg

結構、点検項目多いので、今回は室内点検と日常点検編です。作業よりもブログを書く方が大変...。
(まぁ、実に地味な内容ですが、やってみると結構面白いですよ!)

●室内点検
・ブレーキペダル

正確に計るため、フロアマットを取り外しました(写真1つ目)。
また、ペダルカバーを外しました(クラッチも。写真2つ目)。今回このカバーを外した時の高さを基準にします。
このカバーはゴム製と思っていたら、残念ながら安物の塩ビ製でした。しかもクラッチペダルでは上の部分が破れ気味に(T_T)...(写真3つ目)。ゴム製のカバーならもうちょっと破れに強いのに!社外のアルミ製に浮気しましょうかねぇ。でも、今回の点検で、クラッチペダルの踏み方に癖があるとも言えますね...。
06100702.jpg 06100703.jpg 06100704.jpg

ペダルの自由高さは160mmです(写真1つ目)。
遊びはエンジン停止状態にて手の指で軽く抵抗を感じるまで押した時の距離です。床から155mmでしたので、遊びは5mmで判定基準の5~15mmの下限ぎりぎりですがOKです。
踏み込んだときの床板とのすき間はエンジンをかけた状態にて強く踏み込んだ時の床からの距離です。結果は125mmで判定基準の90~135mmの範囲内でOKです。
参考までに、ペダルの一番床側に近い部分(アーム部分)と床の距離は80mmありました(写真2つ目)。
 →遊び、床板とのすき間の結果は「良」です。
06100705.jpg 06100706.jpg

ブレーキのきき具合はいつもながらバッチリです!
 →ブレーキのきき具合の結果は「良」です。

・パーキングブレーキ
引いた時のノッチは4ノッチで、判定基準の4~6ノッチの範囲内でOKです。ただしmomoのサイドブレーキカバーはノッチ音がしなくなるので、目視でロックボタンの動きを確認する必要があります。インジケーターランプの点灯もOKです。
 →引きしろの結果は「良」です。
 →パーキングブレーキのきき具合も「良」です。

今回は関係ないのですが、いまのシフトノブ(写真2つ目)はシフトパターンがないので、車検前にシフトパターンのシールを購入する必要があります(東京出張ないかなぁ。またイタ雑に行けるのにぃ)。
06100707.jpg 06100708.jpg

・クラッチペダル
ペダルの自由高さは170mmです(写真1つ目)。
遊びはブレーキと同じように測定します。床から160mmで、遊びは10mmです。ブレーキの時よりも感覚的にわかりやすいです。判定基準はメンテナンスノートに記載されていませんが、一般的に5~23mmらしいので、OKです。
切れたときの床板とのすき間の測定はかなり苦戦します。結局、実際に動き出したときの状態を写真(2つ目)の様に測定しました(広いところでしないと結構危ないかも)。結果は80~90mmです。クラッチペダルはアクセルペダルと同じで床板まで踏み込めるので、切れはちょうど自由高さの半分でした。Very Good !!
 →遊び、切れたときの床板とのすき間の結果は「良」です。
また、ブレーキペダル、クラッチペダル付け根の可動軸にはちゃんとグリース塗布してあります。クラッチのアシストスプリングはユーハイムのバームクーヘンみたいにグリースぷりたつでした(写真3つ目)。
06100709.jpg 06100710.jpg 06100711.jpg

○日常点検
・ブレーキ液の量

ブレーキクラッチフルードのリザーバータンクの液量を確認します。MaxとMinの間に液があるはずですが、なぜかmaxより上に...。あれれ、最初からかなぁ(ちょっと不安)?まぁ近々抜きましょう。
ちなみにMinのライン探しました...記録ラベル(赤矢印)を剥がすとでてきました。MaxとMinの間隔は余裕あるんですねぇ。またMinラインを隠していた記録ラベルには09/02/2004 18:22と時間まで細かく記録されています(結構、細かい!本当にイタ車かしら?)。液の色はこんなもんだったでしょうか?まぁDOT4はグルコール系ですので、SP値も高いことから吸水しやすいでしょうねぇ。近々交換します。
 →とりあえず「良」で近々交換します。
06100712.jpg 06100713.jpg

・タイヤの空気圧
規定ではスペアタイヤも含むみたいですので、ではスペアタイヤから。
リアトランク内に車載工具とともにスペアタイヤがあります(写真1つ目)。
車載工具は今までにすべて使ってみましたが、やはり使い勝手はイマイチです...(写真2つ目)
スペアタイヤです(写真3つ目)。
制限速度のシールがとってもカラフルでかわいい(写真4つ目)。
このスペアタイヤはPIRELLI製で、MADE IN TAIWANです(写真5つ目)
サイズは125/80 R15です。細いですねぇ。SNOW RALLYに使えるかなぁ(笑) (写真6つ目)
空気圧はゲージ(max3.5bar)を軽く振りきりました。指定空気圧は4.2barですから当然ですね(やや焦。ゲージ壊すかと思いました)
06100714.jpg 06100715.jpg 06100716.jpg
06100717.jpg 06100718.jpg 06100719.jpg

さて、本題の四輪タイヤですが、測定値は
 前輪右:2.1bar 前輪左:2.2bar
 後輪右:2.3bar  後輪左:2.3bar
で、指定空気圧2.2bar(軽積載時)に対してまぁOKです。
 →とりあえず「良」で近々2.4barに調整します。
06100720.jpg

・タイヤの亀裂、損傷
「足廻り点検」で実施します!
 →とりあえずサイドウォールの状態から「良」です。

・バッテリー液の量
「エンジンルーム点検」で実施します!
 →と言ったものの、メンテナンスフリーのバッテリーだから液量はパスなので「良」です。

・冷却水の量
ラジエターサブタンクの液量をみます。MaxとMinのちょうど真ん中です。冷却水も近々交換しよう。
 →これは問題なく「良」です。
06100721.jpg

・エンジンオイルの量
オイルレベルゲージでの確認ですが、今回の確認ではMaxとMinの中間です。エンジンオイルの量はちょいちょい見ていたのですが、始めて減ったのを確認しました。そろそろアルファらしくなってきたのでしょうか?
 →とりあえず「良」です。1~2ヶ月後に交換しましょう。
06100722.jpg

・エンジンのかかり具合、異音メンテナンスノートの判定基準の通り、速やかに始動し、異音なく円滑に回転しています。また各種警告灯も異常表示なしでOKです。
 →問題なく「良」です。

・低速、加速の状態
低速はエンジン暖気後の回転数の確認ですが、いつも通り水温90℃で750~800rpmで、円滑に回転が続いているのでOKです。
加速は、6500rpmまでスムーズに加速するのでOKです(6500~7000rpmはやや失速気味ですが)。
 →問題なく「良」です。
06100723.jpg 06100724.jpg

・各ランプの点灯、汚れ、損傷
ヘッドランプはhigh、lowともにOKです(写真1つ目)。
テールランプもOKです(写真2つ目)。
外車が嫌われる原因の一つのリアフォグもOKです(写真3つ目)。でも意外に便利で、人が飛びだしそうで、明らかに飛ばせない場所で煽ってくる輩には、容赦なく点灯します(だいたい離れるか無理に抜いてくれます)。
06100725.jpg 06100726.jpg 06100728.jpg

ウインカーも左右OKです。そう言えば、サイド面のウインカーは丸い部分のみ点灯するのですね(写真2つ目)。
06100731.jpg 06100730.jpg 06100729.jpg

ブレーキランプもOKです。
06100732.jpg 06100733.jpg 06100734.jpg

→問題なく「良」です。

・ウィンドウウォッシャ液の量、噴射状態
ウォッシャ液の量の確認はラジエターサブタンク奥(黄色矢印)の、全く液量が確認できないタンクから確認します。まぁ液がでるからOKかなぁ。噴射状態もOKです。
 →問題なく「良」です。
06100735.jpg 06100736.jpg

・ワイパーの拭き取り状態
まぁ、OKです。そろそろワイパーゴムを替えないといけないですねぇ。
 →とりあえず「良」です。そろそろ交換です。
06100737.jpg

ふぅ~。次回は工具を使った作業の「エンジンルーム点検」「足廻り点検」「下廻り点検」と「厳しい使われ方をした場合の点検項目」に続きます。
(一気にやれよと言われそうですが、色々家庭の事情が...)

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

FinePix F30

alfa147メンテ・修理 | 03:24:24 | Trackback(0) | Comments(4)
傷害事件?

今日の午後、嫁からヘルプメールが...

「風が強く、お隣さんの車がドアを開けた拍子に、147に当たったらしい(セキュリティーが威嚇してたみたいです)。傷が2箇所あるみたい。塗装とかするなら言ってくださいと...」

メールを見て、久しぶりに大人の対応が求められました...どう対応しよう...
(と考えつつ、一度も使っていないイタ雑で購入したタッチアップを使用して、ぼかし剤塗って、研磨しようかなぁ~と、久しぶりの修理作業にちょっとウキウキしている自分が情けない...)

まぁ、考えてもしょうがないから、傷の状態をみてから対応を考えましょう。
と、帰って暗がかりでみると、あれ、どこに傷が???

嫁と一緒に確認すると、ちょっと凹んでいる程度でした!

嫁がとても147を大事にしていることを感じました(^_^)v。
明日、すこしコンパウンドで磨いておきましょうかねぇ。


(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

その他 | 22:38:21 | Trackback(0) | Comments(2)
ハイオク
↓名古屋の実家で始めて知った便利なサイトです。

ガソリン価格比較サイト

いつも安いと思って使っていたスタンドが、残念ながら9位でした。
(しかも系列が独自ブランドっていうのも気になる...)

(旧サイト「アルファ147テンロク by フーミン」内容です)

その他 | 14:21:06 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad